スラムダンクのアニメ版で諸星大の活躍が見られる!

スラムダンクのアニメ版は諸星ファンにとってはたまらない・・・かもしれない?

「愛知の星」の異名を誇り、全国屈指のプレーヤー(で、あるはず)のこの男。

そして何より湘北をインターハイで圧勝で叩き潰しやがった怨敵でもある。

原作でははっきり言って「すごい」と思える描写はほぼない。

正直藤真以上に「何がすごいの?」感が否めない「設定上では強キャラ」という状態。

だがアニメ版では原作で描かれなかったプレーが描かれる。

突破力もあればシュートもダンクもできるまるで仙道のようなキャラだった。

諸星は身長が不明。

あちこちの予想で大体183~185㎝ほどと予想されている。

この身長でダンクをする日本人はあまりいない。

作中でも178㎝しかない清田信長が黒人並みの身体能力でこなしているが、

現実の日本人でこんな選手は皆無。

日本人で試合でダンクを決める選手となると190㎝を超えていないと厳しい。

もちろん、練習で誰もいない状態でなら185㎝くらいでもできる選手はたくさんいる。

だが、試合で相手のブロックやプレッシャーがある中でこの身長でダンクができる日本人はほぼ皆無ということ。

同じくらいの身長の牧や三井もダンクはしていない。

そう考えるとこの諸星やまして清田はかなりの身体能力の持ち主と言える。

どっちもヘタレキャラ感が強い印象だが、実はすごい選手なのである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました